Untitled
otsune:

Macが起動しない時の症状の確認と復旧方法のフローチャート | Mac本体のデータ復旧 | データ復旧のパソコンサポートやまもと
niseoshou:


ゆず屋: [フォント] 『ちはやふる』のロゴの謎
yeshi:

国道を地図からトレースして、番号順にアニメ化してみた。二桁国道(〜58号)まで。
【6/26追記】13号線と47号線が入れ替わっていたのを修正

yeshi:

国道を地図からトレースして、番号順にアニメ化してみた。
二桁国道(〜58号)まで。

【6/26追記】13号線と47号線が入れ替わっていたのを修正

味覇(ウェイパー)は日本製なので中国にはありません (日本からの輸入食品として置いてあることはたまにある) RT @kappumen12: 中国産食品嫌いなやつこれだけ多いのに味覇に対する絶対の信頼感
「アルゼンチンの選手がじっとドイツを見てますよね。これを見なきゃいけないんですよ、じっと。
そして、スタンドにいるアルゼンチンの子どもたちがじっとみて、いつかはと悔しさを次に繋げていくんですよ、目を逸らしてはいけないんですよ」岡田武史 pic.twitter.com/FpxPAWfarm
「アルゼンチンの選手がじっとドイツを見てますよね。これを見なきゃいけないんですよ、じっと。 そして、スタンドにいるアルゼンチンの子どもたちがじっとみて、いつかはと悔しさを次に繋げていくんですよ、目を逸らしてはいけないんですよ」岡田武史 pic.twitter.com/FpxPAWfarm
aiyco:

(日本の夏、金鳥の渦巻。 - @pinkpecoから)
あれ、全カラーのパッケージより、
白黒、鳥に赤系のカラーパッケージの方が断然かっこいいじゃん!
なんだよ、なんだよ。
ものすごくいいじゃないか。

aiyco:

(日本の夏、金鳥の渦巻。 - @pinkpecoから)

あれ、全カラーのパッケージより、

白黒、鳥に赤系のカラーパッケージの方が断然かっこいいじゃん!

なんだよ、なんだよ。

ものすごくいいじゃないか。

attrip:

手に止まった蝶をどうしていいものかわからないネコ | @attrip (アットトリップ)

しかしながら、メンツにかけてもなんとかタイを調達しようと考えた関係者は、ついに禁じられた手段を採ることを決意した。そう、それがアブライカである。アブライカとは、タイが異常に好むある種のイカの幼魚を、さらに非常に臭いの強い油(いまだにこれがなんの油か私はつきとめていない)に漬けたものである。どちらがより大事かというと、実は油の方で、もしイカが手に入らない場合でも、布きれにこの油を浸して餌がわりにしても釣れてしまうほど、タイにとっては魅力的な匂いを発するらしい。この餌はしかしながら、タイが釣れすぎて乱獲につながるという問題があって、各地で禁止されている。さらにもう一つ大きな問題があった。アブライカで釣ったタイは釣ってすぐさばいて調理しないと、飲み込んだアブライカの強烈な臭いが、すぐに身の方にまで移ってしまい、とても食べられなくなってしまう、ということである。

 昭和天皇の食卓に供するため、という大義名分で、この時アブライカが使われ、目出度く必要な数のマダイを揃えることができた。臭いの問題も、調理人が同行し、釣ってすぐさばくことでなんとか回避することができた。そうまでして苦労した結果、昭和天皇の夕餉には無事立派なマダイの刺身や吸い物、その他が供された...

 ところが、禁止された餌まで使って揃えたマダイであったが、関係者の証言によると、昭和天皇がもっとも好んで食されたのは、タイよりも、取れたてのイワシやアジ、つまりはいわゆる下魚だったという...

 まるで目黒のサンマ、のような落ちではあるが、特殊なエサで無理矢理釣った季節はずれのタイよりも、旬の取れたてのイワシやアジの方が実は美味しい、というのは事実であり、海洋生物学者でもあった昭和天皇の舌の確かさがよくわかる話ではないかと思う。
 

一社員の私的技術ノウハウを会社が少なくとも数千万円単位の金額で買い上げるということは社内に恐らく全く例がないことなどでしょう。

 これはあくまで僕の想像ですが、それをしてしまうと、他の社員の中には、会社でまじめに仕事をするよりも、自宅で何か発明して会社に売り込んだ方が得ではないか?と考える人も出てきかねません。的外れかもしれませんが、そういう心配をしたことを想像はできます。つまり、従業員の個人の権利をソニーのような会社が採用する。これは画期的な話のようで、一歩間違えるとある種のモラルハザードを起こしかねません。